黄禍

本のタイトルが Yellow Peril なので、安直ではあるが、迷うことなくジャケット(日本で言うところのカバー)を黄色にしてみた。カバー(日本では「表紙」と呼ぶのでややこしい)も同じ、見返しもタントの近い色を選んだ。スピン(栞紐)も黄色。

ごらんのとおり書籍バーコードは白背景ボックスを設けずにそのまま載せている。一般的なバーコードリーダーは赤色のLEDやレーザーを使っているので、コントラスト比は関係なく、同系である暖色には反応しない。つまりレッド・イエロー・オレンジのバックグラウンドなら問題なく使える。暗く感じられる純赤でさえ使えるはずだ。版元の営業さんによれば、いまのところクレームはひとつもない。

物語の重要なアイテムとして中国海軍の潜水艦が登場する。ジャケットに使いたくて、版元さんにお願いして「〇九二夏級原潜」のプラモデルを買ってもらった。近未来の物語だから登場する潜水艦は〇九二夏級よりさらに進化した怪物クラスであるはずなのだが、それを想像するのは私の乏しい軍事知識では無理難題である。

Binding: Case Bind 528 pages
Publisher: Shukosha (November 9, 2015)
Language: Japanese
ISBN-10: 4904213343
ISBN-13: 978-4904213346
Product Dimensions: 21.0 x 14.8 x 4.0 cm

著者:王力雄
訳者:横澤泰夫
発行:集広舎(2015/11/09)
判型:A5判上製/528頁
装幀・造本:玉川祐治

Amazon